横浜 安産祈願の神社

 横浜・水天宮平沼神社  

水天宮平沼神社

 大晦日の水天宮

大祓式について

 

大祓形代 地域・神社により、多少異なる点もございますが、水天宮平沼神社では、半年の節目である6月30日と、1年の最後12月31日の両日、大祓式(おおはらえしき)が執り行われます。それぞれ、夏越大祓(なごしの おおはらえ)、師走大祓(しわすの おおはらえ)と呼ばれています。  

この大祓とは、日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪やけがれを、半年ごとに祓い清め、清らかな身に立ち返らんとする神事で、日本古来の伝統行事です。  

これらの罪・けがれを託す人形(ひとがた)には、家族一人一人の名前、生年月日を書き、体をなで、最後に息を吹きかけます。この人形(ひとがた)がご家族の身代わりとなり、大祓神事を通して祓い清められます。  

大祓はどなたでも参加いただけます。ご希望の方には、案内書と人形をお送りいたします。当神社社務所までご一報下さい。  

※人形の配布期間は、夏越大祓時では6月1日〜6月30日に、師走の大祓時では12月1日〜12月31日となります。  

※大祓式終了後、夏越大祓では夏越大祓神札を、師走の大祓には大祓神札を、ご参加の方にお送りいたします。  

12月31日の祈願について

12月31日は、午後6時より年越の大祓式が斎行されます。その為、祈願の案内が一部変更となりますので、ご案内申し上げます。
皆様には、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒、ご理解下さいます様、お願い申し上げます。

変更1−祈願申込み受付時間  
12月31日は、9時30分頃から12時まで、となります。

変更2−駐車場の使用について  
12月31日は、午後から使用できません。

※上記以外の変更はございません。